低温熟成マグロ・大バチ赤身 不定形サク3kg入り(kg@3800)

型番 BTK05000-2
定価 12,312円(税912円)
販売価格 12,312円(税912円)
購入数

ケース


低温熟成マグロ約200g不定形サク3kg入り

 南太平洋産の厳選された天然メバチマグロを、低温熟成解凍によりマグロの持つ旨み成分を引き出してお届けいたします。
 余分な水分は抜け、天然由来の旨味成分が増幅されて、口のなかでネットリ広がる美味しさは、ただ単純に解凍しただけのマグロとは根本的に異なります。

低温熟成解凍とは

 低温熟成解凍とは、マグロの持つ本来の旨みを最大限に引き出すため、身の質に応じて時間と温度を調整し、熟成しながら解凍する方法です。これにより、余分な水分は抜け、濃縮された旨み成分が閉じ込められて、ネットリとした甘みの深い身質に仕上がります。

低温熟成によりアミノ酸が増加!

 なぜ、低温熟成によりマグロが美味しくなるのでしょうか?
 主な原因として、アミノ酸が増加することがあげられます。
 アミノ酸は旨みの素になるばかりか、身体を構成する重要な栄養素でもあります。特に、マグロのタンパク質には、健康な身体を維持するには欠かせない、8種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

 平成17年(2005年)に(一財)日本食品分析センターに依頼して、18種類のアミノ酸が低温熟成によりどう変化するかを調べてもらいました。その結果、通常に解凍したマグロに比べ、低温熟成解凍のマグロは、平均で約18%も増加していることが分かりました。

 
⇒「低温熟成によるマグロのアミノ酸増加率 (※別ウインドウで表示)

取扱い簡単な冷凍真空パックで!

 低温熟成解凍で仕上がったマグロのサクを、−60℃の超低温に急速冷凍し、真空パックでお届けいたします。お受取になりましたら、そのまま冷凍室で保管して下さい。
 ご家庭の冷凍室(−18℃)で、約1ヶ月の保存が可能です。

手軽に簡単解凍

ネギトロの解凍 真空パックのまま、たっぷり浸かる容器で水に浸けて約15分。水の温度は変化しやすいので、急ぐ場合は流水(水を流し続ける)で水温を一定に保ちながら 解凍すると良いでしょう。
 手で折り曲げてみて、 十分に解凍できたら、直ぐに封を切って器に移すか又はそのまま盛り付けて下さい。
 (注意:解凍されても真空パックに入れたままにしておくと、酸欠により変色が始まります。)

 時間に余裕のある場合は、自然解凍でも大丈夫です。お使いになる前の日に、先ず真空パックから取り出し、キッチンペーパーなどに包んで、タッパ、またはトレイに移してから、冷蔵室で自然解凍して下さい。タッパはしっかりと密封し、トレイにはラップを掛け、乾燥や庫内の臭いの付着を防いで下さい。

美味しさを保つ保存方法

 解凍されたマグロは、キッチンペーパーなどに包み、タッパ、またはトレーにラップを掛けて、冷蔵で保存して下さい。解凍後2日程度は色落ちもせず美味しさを保てますが、開け閉めなどによる温度変化の影響もありますので、なるべく早く使い切ることをお勧めいたします。

低温熟成マグロの5つの特徴

  1. 日持ちが良い
  2. ドリップが少ない
  3. 色持ちが良い
  4. ネットリとして濃厚な旨み
  5. 栄養価が高い(アミノ酸増加)
納期の目安
ご注文より3営業日後の出荷を原則としておりますが、入荷状況、低温熟成の仕上がり状況により、若干日数を頂く場合もございます。(長くても1週間以内)
 配達日・時間帯をご指定いただけます。
召上り方
刺身、寿司、漬け、カルパッチョ、ステーキなどの他、多彩な料理で召し上がり頂けます。
賞味期限
発送日より、冷凍で約2週間。解凍後は、冷蔵で約2〜3日(なるべく早めに召し上がり下さい)。
解凍方法
真空パック(ポリ袋)のまま水に浸けるだけで簡単に解凍できます。
  温水(27度)約5分、流水では約10分、身がしなる程度で開封し、冷蔵室で約20〜30分寝かせます。
解凍後の保存
タッパや、トレーにラップを掛けるなど、乾燥しないように密封された容器に入れ、冷蔵庫で保管して下さい。
原材料
太平洋産天然メバチマグロ(40上サイズ・清水港)PH調整剤(ビタミンC・E)
加工地
静岡県磐田市
内容量
約200g不定形サク、合わせて約3kg
包装状態
冷凍真空パック



About the owner

加藤育朗

お急ぎのご連絡は
090-1629-5151(加藤)

Top