前のページへ戻る
SS-P3EXの抗菌メカニズム

SS-P3EXせいけつさんスプレーは、複数の抗菌性アミノペプチドの複合作用により、人体や環境の安全を保ちながら、強力な除菌・抗菌効果を実現いたします。

抗菌性アミノペプチドとは・・・

抗菌性のアミノペプチドは、ヒトを含めたあらゆる生物が、菌やウイルスと戦うための生体防御の機能として備わっている物質で、外部と接触する皮膚や口腔、など、ありとあらゆる部位で抗菌性のアミノペプチドが産生されており、菌の増殖を抑制しています。


食中毒やウイルス性胃腸炎、傷口の化膿など、私たちは体調を崩したりしますが、その原因の多くは細菌やウィルスなどの微生物の感染で、いとも簡単に、微生物は体内に侵入して来ます。

抗菌性アミノペプチドは菌の細胞膜を直接攻撃することで殺菌作用を発揮し、その作用は、抗生物質のような耐性菌を生み出しにくいことから、理想的な候補として、有用性が着目されています。

SS−P3EXは数多く存在するアミノペプチドの中から、安全性・抗菌性に優れた複数を組み合わせた、他に類を見ない画期的な製品です。

アミノペプチドの多様な効能

消臭効果をもたらす官能基
  • ヒドロキシル基(-OH)
  • アミノ基(-NH2)
各種悪臭成分と化学的に結合
  • カルボキシル基(-COOH)
  • -OH(ヒドロキシル基)+NH3(アンモニア)→0−NH4(無臭成分)
  • -NH 2 (アミノ基)+HCHO(ホルムアルデヒド)→R-N=CH 2−H20(無臭成分)
  • >NH(2級アミノ基)+H2S(硫化水素)→>N+-HH(無臭成分)
  • -NH2(アミノ基)+CH3COOH(低級脂肪酸)→R-NHCOCH3+H2O(無臭成分)
  • -COOH(カルボキシル基)+NH3(アンモニア)→-COONH4(無臭成分)
抗菌効果
(1)活用事例

従来周知の調味料やユーグレナなど機能性サプリとしての効能以外に抗菌性についてドイツなど海外で多く研究が進められ、既に食品保存剤など身近なところで活躍しています。

  • Ε-ポリリジン : 保存料として白飯、調理済み野菜、スープ類、麺類、寿司用の魚の切り身などで使用されている。
  • ナイシン : 保存料として食肉製品、ソース類、乳製品、卵製品などで使用されている。
  • リジン : 魚、鶏肉、牛肉、大豆、黒豆に多く含まれる。

(2)アミノペプチドの国内研究事例
  • 新潟大学 : 穀類由来ペプチドの生体防御機能と食品,化粧品への応用
  • 文教大学 : 天然化合物の抗菌活性に関する研究
  • お茶の水女子大学 : 学位論文天然物由来カチオン性抗菌物質による食品保存学的研究
  • 味の素中央研究所 : アミノ酸DL-リジンのラウリルエステルの抗菌性等々

抗菌性アミノペプチドの複合効果

抗菌メカニズムの異なる複数のアミノペプチドを配合し、ハイブリッド効果で強力抗菌を実現しました。


外膜への効果:ε-ポリリジンの働き
ε-ポリリジンが微生物表面に吸着することで、外膜が破壊され微生物の増殖を阻害します。
ペプチドグリカンへの効果:グリシンの働き
グリシンがペプチドグリカンの合成を阻害することで、微生物の生育を阻害します。
細胞膜への効果:ナイシンの働き
ナイシンが細胞膜にくさび状に突き刺さり、膜に穴を開け、微生物の活動を阻害します。 

天然由来成分による抗菌メカニズム

細胞膜に孔を開ける!タンパク質を劣化!破壊させる!などの抗菌性が認められている、プラスの電荷をもつ性質の複数のアミノ酸、食物・植物抽出物の成分が、マイナスの電荷の性質を持つ細菌類と速やかに吸着することで抗菌性を発揮します。

さらにアミノ酸等の成分のナノ化によって吸着効果を強めるとともに、ナノ化イオン成分が細胞膜内へ与える強い浸透圧により、細胞膜への破壊効果を高めています。

単独の成分では、抗菌対象が限定されてしまいますが、広範囲な抗菌効果を発揮するため、安全性を保ったまま、複数の成分を選択、配合する技術によって、細菌やウイルスにも優れた効果を発揮します。



電荷をもつ抗菌成分が細胞膜にイオン結合   細胞膜が破壊され死滅(O−157)

電荷をもつ成分がウイルス表面のヘマグルチニンとイオン結合   ウイルスの表面蛋白質が破壊され不活性化
※この資料に記載された表現は、日本国の薬機法・化粧品表示公正競争規格等法に基づく、化粧品・部外品として認められた効果効能を示すものではありません。

Top
ウイルス除去 抗菌 除菌 消臭
SS-P3EXせいけつさんスプレー

250ml

500ml

詰替用1L


遠江企画


About the owner

加藤育朗

お急ぎのご連絡は
090-1629-5151(加藤)

Top